専業主婦がお金を借りる

専業主婦の方でお金を借りたいという方も多くいるかと思います。ですが、お金を借りようにもどこで借りていいのかわからないし、そもそも収入がないのに借りることができるのか疑問に思いますよね。
結論から言うと、トップページでも説明しましたが「専業主婦でもお金を借りることはできます。」

 

お金を借りる方法

専業主婦が借り入れをする場合に引っかかる部分は、「総量規制」というものです。
この総量規制は、個人の年収の3分の1までしか借り入れをすることができないと言う貸金法の決まりのことを言います。
ですが、この総量規制は、財務省や都道府県に届けを出している消費者金融やクレジットカード会社に定められている法律なので、銀行で借りる分にはなんの問題もない法律なんです。
ということは、銀行のカードローンでお金を借りれば専業主婦でもお金を借りることができるということになりますね。

 

また、このほかにも「配偶者特例」という方法で消費者金融から借り入れできるところもあります。ですが、この方法は大手(アコム・レイク・プロミス・アイフル・モビット等)の消費者金融では扱っていません。
中小消費者金融で取り扱っていることがメインです。この方法のデメリットは、配偶者の同意書が必ず必要になること。配偶者の年収の提示が必要になること。が挙げられます。
主婦の方の多くは旦那さんにお金を借りることは黙っていたいと思う方が多いと思いますので、この方法はよほどのことではない限り使わないと思います。

 

おススメの借りる場所

パートをしている方なら、初めてのキャッシングは無利息期間のあるところをおススメしています。ですが、専業主婦の方の場合は収入がないため、大手と呼ばれる消費者金融では借り入れすることはできません。
そうなると銀行カードローンでキャッシングをすることになるのですが、銀行のカードローンにもいろいろ合って決めかねることが多いと思います。銀行ということで、どれも金利は低く設定されているのですが、決め手になってくるのはやはりその借り方だと思います。
そんな借り入れの条件の中でも1番多いのが旦那さんに知られたくない。今すぐ借り入れをしたい。だと思います。この二つを兼ね備えているカードローンがあるんです。
それが「三菱東京UFJ銀行」のバンクイックです。

 

バンクイックなら、テレビ窓口を使えば申し込みから利用まで最短40分で済ませることができます。この速さは消費者金融にも引けをとっていないほどの早さです。
さらには明細書を送付されることもないので旦那さんにキャッシングをしていることをばれる心配もありません。
金利の低さではあまり大差はないといいましたが、バンクイックは銀行カードローンの中でもトップクラスの金利の低さを誇っています。最高金利も14,6%と低いので月々の金利負担も少なくてすみます。
そんなバンクイックは主婦の方には最高30万円までの貸付しか行っていないのですが、月々の返済額が2000円〜と最低限の負担額で生活を圧迫しないように考えられてできています。
銀行系の中でもピカイチにおススメなのはバンクイックだけです。